無料素材を投稿しています

皆さんのブログなどに利用していただける様に色んな素材を投稿しています

無料DLはこちら
写真素材のピクスタ
人間関係・心理

【話好き】で長電話や立ち話する人の特徴や対処法

買い物袋を下げた女性2人が立ち話するイラスト
スポンサーリンク

ブログ訪問ありがとうございます。

雪丸です。

今回も人間関係での悩みの一つである

長電話や立ち話をする人の心理を解いて行きたいと

思います。

ちょっと用事があって電話したら

何時間も話された。

ちょと回覧板を届けに行ったら玄関先

話しこまれて困った😅

なんて事ありませんか?

私もそんなドツボにハマることが多々あります。

昨今では無料通話昨日を持っている

アプリもあり長電話被害は多く

なっているようです。

私は基本あまり話さないタイプですが

相手はそんなの関係無い!って感じです。

自分はちょっとのつもりでも

相手にとっては丁度良かった!

誰かと話したくてウズウズしてたのかも

しれません。😨

ちょっと草むしりで外に出てたら近所の

おばさまに話し込まれる!なんて事は

頻繁に起きます。

話しかけやすいタイプなのかもしれません。

雪丸
雪丸

町で道を聞かれたりも
結構ありますね😅

今回自粛もあり時間に余裕が出来た為

長電話での悩み相談も多そうです☎

スポンサーリンク
スポンサーリンク

長電話する女性の特徴

※これはあくまでも私の主観です

👉 基本的に話し好き

👉 話す相手が決まってる

👉 寂しがりや

👉 ストレス発散

👉 話しを完結にまとめられない

👉 自己中心的な心の持ち主

👉 人の時間を奪っている感覚が
  ない

👉 他者への思いやりがない

女性は話しに話がくっついて永遠に話せる

のでは無いか?と思ってしまう時があります。

これが男性に向けても平気で行われているとしたら

男性も勘違いしてしまうでしょうね(・・;)

知恵袋などを見ても

「 長電話してくる女性は脈アリですか? 」

などと質問している方も多いです。

基本的に男性の考え方と違うのが

女性ですから。

しかし長話する相手が誰でも良いという

事では無いでしょう。

そこには信頼があるからでしょうね。

女性からかかってくる☎にきちんと対応して

くれる男性・話やすい・いろんなアドバイスを

くれるなど理由は様々だと思います。

では男性は長電話しないのか?と言えば

やはり話好きな方は沢山居ます。

長電話する男性の特徴

これは私の主観です。

👉 自慢話しがしたい

👉 趣味の話がしたい

👉 相手の都合を考えていない

👉 ストレス発散

👉 ☎の相手に対する甘え

👉 寂しがりや

👉 相手に好意がある

男性から女性への電話は【 好意がある 】

事が1番の理由のようです。

友人同士なら許されると思っている要素も

あるようです。

相手の時間を頂いていると自覚する

歪んだ時計が沢山ある

長電をしてしまう人は

友人や近所付き合いでもそうですが

赤の他人に対しての長電話は基本的

迷惑であると自覚していない事が多いです。

たとえ話が盛り上がってしまっても

30分だけとか決めて電話するほうが相手を

思いやっていると思いませんか?

相手の時間を頂いて、くだらない話を

永遠する。

私も話しに話が重なって・・・って事は

ありますし、若い頃なんかは

普通に1時間話したりしてました。

今思うと恐ろしい事をしていたな~

反省しかありません。

しかし遠くの友人にですがね。

家が近くてもわざわざ電話してきて長電話

するとか家に行っても「上がっていって」と

上がらせて永遠 朝まで話し込むなんて

平気でする人も居ました。

断れない私が悪いのか・・・は未だに

解明できていないですが😅

立ち話も人の時間を頂いている

10時10分を指す時計

良くスーパーやコンビニで立ち話している

おばさまを見かけますね。

立ち話をしているのは決まって女性なのは

なんだろか?と思うこともしばしばあります。

買い物が終わっても「まだ話している」なんて

思ったことはありませんか?

これも話しに話がくっついて・・・と

同じパターンだと思うのです😅

ご近所の話やら子供の話などをしているの

でしょう。

私も買い物行ったときに近所の

おばさんに会ってしまって・・・

なんて事もあります。

正直「捕まってしまった」と思っています。

そのおばさんは90代ですが

きちんと歩いて自分で買い物行く様な

元気な方。

「もうアナタぐらいしか話せる人居ないのよ」

みなさんお年を召して亡くなったり

子供と同居で引越したりでお仲間が居ないとの事(汗)

理由の一つとして

👉 話し相手が居ない

👉 自分勝手

👉 相手の都合を考えていない

👉 時間に余裕がある(暇)

という所でしょう。

しかし相手も同じ様に時間に余裕がある人

ばかりでは無いことを覚えて欲しいと

思います。

ちょっと届け物をして立ち話なんて言うのは

本当に迷惑だということです。

相手は『 スキマ時間 』を利用して届け物を

しているかもしれません。

人の時間を頂いてまで話す内容か?

いうことを考えながら話をすると良いでしょう。

人の一生の時間は決まっていますから

相手の話しに興味があるのなら付き合うと

良いでしょう。

長電話&立ち話好きの対処方法

長電話の場合はほとんどの人が

「 いま平気?」などと聞いてきます。

その時に「今からお風呂入ろうと思って」

と言われたら?

今からお風呂入ろうとしている人にわざわざ

長話をしようとは思わないですよね?

「 どのくらいかかる?」なんて聞いてくる人

居ますが・・・お風呂上がりに電話してきて

長電話しようと思っているようです。

そんな強靭な神経の持ち主もいますし

電話中に宅配便が来た時も

1度切って再度掛けてくる強靭な人

居ます。

そんな無神経な人にははっきり言ってしまいましょう。

「 今から色々やることあるんだ 。ごめんね 」

そして「 時間ある時こっちから電話するよ 」

こんな感じで最後には電話できない事を

誤りましょう。

= 立ち話の対処方法 =

コチラもやはりはっきり言わないと

分からないと思います。

話が長い人は「 相手の都合を考えていない 」

ということを頭に入れて置くことです。

「 聞き流しているから大丈夫 」って言う人も

いるかも知れませんが3回に1度は断る勇気

持ちましょう。

そうしなければ会うたびに立ち話ですよ? 

「 急いで買い物しなきゃいけないから 」

「 材料買ったら出かけなきゃいけない 」

などと「 今から先の予定がある 」旨を

伝えるのも一つの手では無いでしょうか?

立ち話好きとは目を合わせない

私のもう一つの方法は

立ち話好きの人が向かってきたらまず

スマホを取り出して電話がかかってきたふり

して「 もしもし? 」とか話しながら

軽く会釈をして通り過ぎたり、

メッセージがきたふりをしてスマホを

見ながら歩いたり(普段は歩きスマホしません)

ぼーっと下を見ながら歩いたりして

目を合わせないようにします。

気づいてない感じをかもし出します😅

断ることは悪いことではない!

ダメ!!という看板の前でバッテンをする人

例えば仕事で嫌な仕事を回されて

断らずにいるとどんどん頼まれますよね?

嫌な人が「 今日一緒に帰ろ!」って言ってきても

断れなければ不快な思いをしながら帰宅する

なんて事も起こってきます。

ここで言えるのは「 断る勇気 」を持つことです。

それは自分自身のためでもありますが

相手のためでもあります。

断る技術をみにつける方法

まとめ

今回は長電話や立ち話をする人のお話を

してきましたが、リアルに困っている方も

多いかと思います。

話好きな人は「 相手を見ています 」

「 話しても良い人 」「 話を聞いてくれる人 」

「 話して楽な人 」あなたに心を開いて

いる証拠です。

逆に言えば【 否定ばかりしてくる人 】とは

話したくないというのが人間では

ないでしょうか?

しかし誰もが同じ生活パターンでは無いです。

時間の貴重性を感じているのも個々

違います。

話し込む人に取っては

【 たったの1時間 】

話しこまれた相手は

【 貴重な1時間 】かもしれません。

 = 話が長い人の心理 =

👉 話をして認めてもらいたい

👉 伝えたいことをまとめられない

👉 1~10までキッチリ説明しないと
  気がすまない

👉 寂しいのでかまって欲しいだけ

👉 相手の心理が読み取れない

👉 自分のとって良い結果にしたい

👉 自分の意見に自信がない

👉1 聞いたら10の答えで返答しようと
 する

どんな時も「 相手有っての自分 」で有ることです。

電話の最中にトイレに行くこと数回。

トイレを流す音を聞いても相手は何も

思わないのですから不思議です。

しかしそこには「はっきり言えない自分」

が存在します。

「 もうこんな時間だね 」と言っても

「 ホントだね~」と話を続けるなんて

いつものことです。

長話をする人は「相手の都合は関係なし」だと

いうことが解っていただけますか?

どんな時も【 思いやる心 】を

忘れずに居たいなと思い

書かせていただきました。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

雪丸ってこんな人

スポンサーリンク
シェアしてみよう
雪丸をフォロー
スポンサーリンク
雪丸ブログ
タイトルとURLをコピーしました
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村