引きこもり・実録

引きこもり家族セミナーで得た事

割れたお皿
スポンサーリンク

ブログ訪問ありがとうございます。

雪丸です。

今回は家族セミナーで得たお話を開示していきます。

当事者の方が今は外部で働ける様になったり人との

交流を持ったり出来るまでのお話です。

 

私も含めて家族の方が沢山参加していました。

このブログを見ていただいている方の中にも

当事者の方や家族の方知り合いが困っている等

色んな方が居るかと思いますが

少しでも勇気心構えとして見ていただけたら

幸いです。

雪丸
雪丸

人はそれぞれ違うので
全てに当てはまるわけでは有りません

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

親が見てしまう子供の将来像

まずはじめに【 親が見てしまう子供の将来像 】

これは子供見ている方向が違うという事です。

親は10年後を見ていても子供目の前の事しか見ていません

将来どうするつもりなのか
心配でうるさく言っちゃうんだよな

大学卒業したって
やりたいこと無いのよね~

そう・・・これが親子のすれ違いです。

本当にやりたい事って簡単には見つからないのが現実

では無いでしょうか?

この視線の先の方向が違うことが子供を苦しめる

結果となって不登校やひきこもりとなってしまう事が

あるのです。

大学に入って1流企業に務める事を親は望みます。

その為には小学校や中学から【 勉強 】する事

だけを親は押し付けていきます。

塾にいきなさい!
皆より遅れるんじゃない!

徐々に膨らんだ風船は爆発します😵

『 皆は外で遊んでるのに僕だけ塾 』とか

『 寝る前まで勉強って皆しているのかな?』とか

自分の環境に不思議や不満が出てくるのです。

子供は経験値が無いため親の言うことを

素直に聞き入れる傾向がありますが子供にも

あることを忘れないでください。

親が先読みしていると発する言葉も変わります。

大学に入って就職するのが
普通だと言われていたわ😣

『 ◯◯しなさい! 』命令

社会に出て立派になって!』など

言った記憶はありませんか?

道を作ってあげるのは
親の努めだろ?!

子供が大人になった時に困らないように。

しかしそれが逆効果を生み出すことを覚えて居てください。

出来ないことに恐怖を覚える

不登校や引きこもりの子供に多い傾向が

「 出来ないことへの恐怖心 」が強いこと

『 失敗を恐れるな !』なんて言葉もありますが

引きこもってしまう子供達の多くが

『 失敗を恐れすぎる 』事。

耳を塞ぐ女性

ゴールを設定しても逆算して心配するクセが

あり、その事自体を遠ざけようとするのです。

これは我が家の例です

テストで100点を取る

👉 勉強をする
👉 頑張って勉強しても100点取れなかったら
👉 テストを受けないようにする
👉  学校を休む

するとテスト自体を受けていないので

周りから色々言われる。

👉 周りから色々言われる
👉 追試がある
👉 追試も自信は無い
👉 学校に行かない日が増える
👉 休みだすと面倒で行かなくなる

どうでしょうか?
大人も会社をズル休みした後って行きにくいですよね😅

それと同じです。

このような心理になってしまうのは

『 完璧主義 』の子供が多いのです。

それは『 ◯◯はやってはダメ!』という言葉を

聞いてばかりいる子どもが多いという事です。

ダメと書いてある看板と人形

たとえば『 あなたなら受験は合格するわ 』
『 〇〇大学の偏差値なら大丈夫よ 』
『 あなたなら大丈夫だと思ったのに何故ダメだったの?』

なんて言葉を発したとします。

『 合格しなければ怒られるかもしれない 』
『 もしもこの偏差値でダメだったら・・』
『 ダメだった時はどうなるのだろう? 』

親の応援が時として負担になることもあります。

学校に行きたくないと言った時の対応

もしも我が子が『 学校に行きたくない 』と言ったら?!

きっとどんな親でも

『 なんで?!』と聞きながら問い詰めてしまうのでは

無いでしょうか?

そして『 こんな時は〇〇して~ 』などと

あたかも解ったように方向を指し示すと思います。

初期の頃はそれも有効かもしれないですし
低学年のうちはそれでいいと思います。

なぜなら判断力が無いですから。
しかしそれがいじめなどと具体性がある時
それなりの対応が出来ますが、原因が定かでは無い時

それは有効とは限りません。

初期でも長期化してしまった時でも

やるべきことは

👉 子供の話をとことん聞くこと
👉 体に何らかの反応が出てしまっている時は
  迷わず休ませること
👉 否定的な言葉に気をつけること
👉 叱咤激励(しったげきれい)はしないこと

また原因としてもひとそれぞれあります。

👉 夫婦仲が悪い
👉 DV家族である
👉 聴覚過敏を持っている
👉 臭覚過敏を持っている
👉 強迫観念がある

などがあげられました。

夫婦仲が悪かったりDV家庭の場合は恐怖心で
部屋から出れなくなることもあります。

聴覚過敏では【 椅子を引く音 】【 ドアが開く音 】
が不快になる。
臭覚過敏では【 給食やお弁当の時間が辛い 】
強迫観念ではテストの点や授業中の生徒の読み上げ
答えを言わされる
提出物の期限に間に合わない = 休む
手をいつまでも洗う・お風呂から上がってこない。

自分でもわからない疾患に苦しんでいる可能性
があることを理解しながら
【 話を聞く 】事だけに注視しましょう。

女の子を学校に無理やり行かせる母親

決して嫌がる子を無理やり行かせるのは辞めましょう

頑張れは言わないで!

親としてどうしても言ってしまうのが

「 頑張れ!」というセリフです。

『 皆できてるのに うちの子は出来ない 』

それは親のあなたのモノサシでしか無いのです。

学校に行けない子供だからダメな子ではないのです。

子供は子供なりに頑張っています😅

ではどんな言葉掛けが良いのか?

『 頑張っているね 』です。

違いが解りますか?

『 頑張れ!』は追い込む言葉😣
『 頑張っているね 』は認めている言葉です😃

たとえばいつも100点を取っていた子供が

不登校になり30点しか取れなかったとします

不登校の間にも自宅で勉強をしていた結果

30点しか取れなかった

『 頑張れ 』と言いますか?

『 頑張ってるじゃない 』と言いますか?

頑張れ!って言っちゃうわ😣

自宅で勉強している姿見れて良かったじゃない!

『 自宅で勉強頑張ってるね 』って言ってあげれる

そんな親になってください。

たとえばそれがゲームでも同じことです。

我が家では『 頑張ったから強くなっているんでしょ 』

否定はしないように取り組んでいます。

うちの子は変じゃない!個性です

もしもアナタの子が空ばかりを見ている子だったら?

何もせずに・・・空ばかり見ている。

『 うちの子は変かな? 』と思うでしょうか?

それは個性的なのだと思うことは出来ませんか?

『 好奇心を育てる 』事に注視しましょ😃

鳶が大空を飛ぶ写真

一つのことに集中する事は大人になっても大事な事です。

実は私も空を見るのが大好きです。
色々な形の雲を生き物とか想像します。

親の心の余裕が問われる事かもしれませんが

焦っても答えは見つかりません。

視点を『 親目線から子供目線に変えること 』

それは10年先を見るのではなく子供が

今望むことを見る。

もしも、空ばかり見ているのなら

絵に書いてみたら? すっごい綺麗な色を

使って描くかもしれないですよ😃

「 そんな事やりたくない!」と言ったなら

親のあなたがやってみせる✒

「 お母さんの空の色は味気ないから書き足して

くれない?」と協力を仰ぐのも良いではないですか😉

では次はセミナーで得た当事者さん達のお話です。

当事者の話:色々

これは家族セミナーで当事者達が語ってくれた

内容を抜粋しています。

25歳男性の話

👉中卒で釣りにしか興味がない。

👉釣り場でいろんなおじさんと色々教わる。

👉コミュニケーション能力を育てる事が出来た。

👉魚をさばくのが上手になる。

👉色々な店でバイトをする。

👉魚をさばく能力をかわれ引き抜きに合う。

👉大手チェーン店の店長に抜擢

👉現在2児の父親

👉独立する。

20歳女性

👉親の離婚・引越し・転校理由はわからないが
引きこもる

👉カーテン閉め切り昼夜逆転の生活

👉高校は行ったが信頼していた先生に裏切られたと
感じ荷物を置いてだまって早退
先生にも怒られてそのまま行きづらくなる。

👉大学生時代、提出物の期限が間に合わず
休みだす。
👉自分のクオリティーに有ったものを提出したいが間に合わず
 周りからも提出してない事を言われる。

👉学校に行かなくなる。
 周りから言われる事で外に出ても人の目が気になりだす。

👉母親からは「 学校に行きなさい 」と言われる。

👉行かないといけない事は理解しているがイライラする。

👉高校=大学=仕事がライフスタイルだと思っていたが
出来ない自分は『 障害 』なのだと思う。

👉暇つぶしに相談センターに親と一緒に来設

👉相談センターは根暗な集まりのイメージ

👉10代グループに誘われ参加

👉周りを拒絶していたがセンターに人が受け止めてくれた。

10代男性

👉中学から引きこもり。

👉ゲームの世界に没頭。

👉相手の素性表情もはわからないゲームが
良かった。

👉食事出来る時を出来ない時があった。

👉ある時 買い物に出た時に体力が落ちている事に
気づく。

👉散歩を始めようと思う。
玄関を開けるだけで『 無理だ 』と思うことも多かった。

👉気持ちが乗ったときだけ外に出てみる。

👉数分だけで終わることも多かったし
筋肉痛になることもあった。

👉外に出ると吐いてしまう。

👉親戚の家に手伝いに行くようになる。
(数分の所もトイレに駆け込むため
何時間もかかる)

👉人に相談するのが苦痛。

👉相談センター知っていたが親だけ利用

👉相談センターを利用してみる

👉学習支援塾で教えるようになる

 

そして全ての人が言っていたのは

「 親が信じて待っていてくれたこと 」
「 親が味方で居てくれたこと 」
「 親が否定しなかったこと 」

をあげています。

「 知らない人に相談は無理 」とも言っています。

これは彼らの氷が溶けるまではムリという事で

一生相談出来ないわけでは無いという事です。

日によって違う気分の波

良くTVでも強制的に民間の支援業者が介入して

居るのを見ている方も居るかと思います。

でも彼らは「無理やり」を嫌います。

日によって機嫌が悪かったり・良かったり😅

上の当事者談でもあるように

日によって散歩が出来るけれど

次の日は玄関で気分が悪くなってしまったり。

泣き伏せる男の子

我が家も同じです。

正直 体の大きくなった息子とやり合うのも
コチラの体力が持たないので避けたいものです。

日によってはすっごい態度が悪かったりもします。

寝起きは機嫌悪いけど夜になったら

普通に戻ってたとかザラにあります。

そして外に行くと機嫌は極悪です。

それは私の「歩くのが遅いから疲れる」との

事で・・・

「だったら一人で出かけなさい!」って

言いますが

引きこもり前のように一人では

出かけないのです。

人に見られたくない心情を知っているから

あまり言いませんが。

あとは「夕飯が思ってたのと違う」だけで

機嫌は一気に急降下します。

これも各家庭の子供によると思うので

そこは親が何で機嫌が悪くなるのか

見抜いて行くことです。

「 何をしていても機嫌が悪いって家庭も

あるようです。

我が家では何でもバカっぽく言うように

していて

「 お前、態度わる!同じ時間を

過ごすなら怒ってたら勿体ないよ

と平気で言っちゃいます。

もし逆上したら?

「 間違ってるか?」と聞きます。

「イライラは人に移るの!
私がイライラしてたらお前も気分悪いだろ?」

「それはお互いサマなんだよ」と。

ビクビク相手の動向を見ていると

それが逆にイライラさせる原因かもしれない

と私は考えるからです。

正しいことを伝える。

生きているだけでありがとう

睡蓮の花

これもセミナーで言ってたことですが

多くの引きこもり家庭の

「 真剣に命と向き合っていない」事

親から子供への気持ち

「 ありがとう 」をもっと伝えて欲しい。

「 生きているだけでありがとう 」

「 ご飯食べてくれてありがとう 」

「 掃除してくれて助かったよ 」

「 お皿下げてくれて助かったよ 」

「 生まれてくれてありがとう 」😉

この反面で

「◯◯やっておいて!」は言わない事

自主的にやってくれた時

大げさでも良いです!

泣いてしまっても良いです!

「 ありがとう 」って褒めてあげてください。

お金の話をするのも一つ

ある程度の年齢に達している引きこもりの

方には「 家計の話 」をしておくように。

とアドバイスをしていただきました。

「 ライフプランを明確にしておくと

いう事。

高齢化の家庭に存在する

外に出れない方々多く存在するのも現実

仕事もしてない子供を置いて先に

死ねないと思いますよね😣

保険や家屋を売るなどの選択

預貯金の切り崩し。

子供は働けないし・・・どうしましょ?

それは当事者ときちんと話をする機会

得ることです。

先々のライフスタイルの相談に乗ってくれる

窓口を探すことです。

各自治体での支援に頼ってみましょう。

そんな中できちんと月々どれくらいの出費

あるのか。

自分たちの年金が入らなかったらどれ位に

なるのか。

そして引きこもっている子供の年金

支払ってあげて欲しいとの事でした。

もしムリなのであれば

控除などの申請をするなど窓口に

相談して欲しいとも。

いろんな機関と繋がりながら

解決出来る道を探していきましょう😉

ここまでお読みいただきありがとうございました。

雪丸ってこんな人

タイトルとURLをコピーしました
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村