無料素材を投稿しています

皆さんのブログなどに利用していただける様に色んな素材を投稿しています

無料DLはこちら
写真素材のピクスタ
引きこもり・実録

息子が引きこもりになるまでの軌道Ver.4

割れたお皿
スポンサーリンク

ブログ訪問ありがとうございます。

雪丸です。

今回でVer.4になりますが、引きこもり関係でお困り
なのでしょうか?周りにそんな家庭があるのでしょうか?

もしもそんな方々の勇気や何かのきっかけ

慣れば幸いです。

もしもアナタの家でも不登校になってしまって

どうしたら良いのか?相談窓口は?

などと悩まれているかと思います。

私は息子が不登校から引きこもりになって

6年が経ちます。

今回は行政とのやり取りやセミナーでのお話を

していきたいと思います。

雪丸
雪丸

セミナーのお話するからね!
不登校で悩む親御さんのよんでみて!

ここまでの壮絶な日々を記載している前回のお話なども

見ていただければより内容がつかみやすいと

思いますので是非ご覧ください。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

特定非営利団体KHJ全国引きこもり家族連合会:HPを見に行く

我が家では不登校~引きこもりへとなりましたが

ただ漠然を見守っていたわけでは有りません。

役所に電話して相談員の方と話したり

子供ではなく親である私を心配する先生に

スクールカウンセラーの方と話したりする機会を

作っていただいたりしてきました。

まず私が向かった相談窓口が・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク

行政での相談窓口

市役所の外観の写真

相談窓口:役所の子ども支援課

18歳までならば役所の窓口で相談できます。

ほとんどの場合『 こども支援課 』という窓口が

あるはずです。

全国:引きこもり地域支援センター

もし分からなければ役所の代表に電話を掛け

「 引きこもりに関する相談窓口がありますか? 」

聞いてしまう方が早いかと思います☎

私も電話している時本人が部屋から出てくる事

もあるので、外に出た時に掛けています。

大体が最終的に「 本人を連れてきてください 」

という話になると思います。

我が家の場合はそれは出来ないので

まずは親である私しか行きませんし

話を聞いてくれるだけでも十分だと思います。

役所での相談では児童カウンセラーが対応して

くれました。

こちらでは学校に出向くカウンセラーさんでした。

しかし結果として「 本人とお話したい 」と言われ

人と会うのが全くダメなので他に行政で

利用できるところはないかと聞くと

青少年センターを紹介されました。

相談窓口:青少年センター

横浜には2か所あり

「青少年センター」と「青少年相談センター」と

似たような名称があります。

以前「青少年相談センター」に電話したことが

ありましたが

「 中学卒業後にも同じ状態なら再度電話ください 」と

簡単に終わってしまったのですが

また違う施設と思い予約をいれました。

在宅ワークでパソコンを操る女性

しかし話を聞いてくれるだけで

「 全く家から出れなくセミナーなどを希望ならば 」

青少年相談センターの方を紹介されました😭

この時点で「たらい回し」感があって

電話 = 予約 = 訪問と少し疲れてきます。

ここで思ったのが「 施設ごとに役割が違う 」

いう事です。

そう思って居ないと「 たらい回しに疲れた 」

結果、行政とのやり取りを辞めてしまいます。

相談窓口 : 相談センター

横浜市の場合ですが

正式名称【 青少年相談センター 】です。

ここでまずはじめの話しを聞いてもらいます。

そして子供の性格や素行などを考慮して

会議が行われ、担当職員が決まり

親との対談が開始になるのです。

打ち合わせする女性2人

『 親の現状・子供の現状・日々の変化 』

などを話していきます。

横浜市青少年相談センター公式サイト

この方達は絶対に否定はしませんし、

第3者として客観的に見てくれるので

親として全く見えていなかった視野

与えてくれます😃

例えば「 うちの子はすぐ否定する所があります! 」

言ったとすれば

「 私には心の悲鳴に聞こえますが・・」など

誰も解ってくれない部分を『 否定する 』と言う

行為に変えていると言うのです😨

親としての『 子供に対する固定観念 』

変えてくれたのです。

その相談の最中、ほかも探して見た結果

その他の相談窓口も有りましたのでご紹介します。

横浜市NPO関連相談窓口

横浜市ではユーズプラザなどでも相談を受け付けて

居ますがその他にもNPOの団体も多くあります

横浜市NPO支援団体

セミナーなども開催しているので近場の団体に電話で

聞く事をおすすめします。

そして民間の合宿形式の

自立就労支援が有りました。

働く意欲があれば合宿形式で

根岸にある団体なのですが

そこでは半年に1度程度親もイベントなどに

参加します

まずは「 働きたい!」という人

「 家を出たい 」など理由は様々ですが

説明会に参加すると近くの

ユースプラザで相談する流れになりますが

同じような親が居ることで安心できました😃

合宿形式で女子寮・男子寮に別れ

グループが持っている店舗で働きます。

留学などもあるそうで、充実した日々を送れる

プログラムになっています。

親も参加するイベントは自身の子供が

居ない施設でお手伝いとなるそうですが

子供がどんな活動をしているのかを見る

貴重な時間だとのこと。

不登校:引きこもりのセミナー

行政と関わるようになって参加するようになった

セミナー関係のお話ですがはじめに行ったのは

「 不登校に困っている親に 」向けてのセミナーでした。

セミナーを聞く男性

ここの参加率は99%と言ったところでしょう。

老若男女の方々が多かったです。

お歳を召している方は「 民生委員 」

「 保護司 」で顔見知りが多かったようで

話し込んでいました😃

ここでは若いお母さんが多く

子供は小・中学生だろうと感じました。

セミナーの後の交流会でも

「 小学生 」のお母さんばかりで、

我が家は高校生でしたので場違いな感じも

受けてしまいました。

数ヶ月の不登校~数年に渡る不登校の親が

沢山来てました。

小学生~中学生にかけての引きこもりの

お家族もいらっしゃいました。

セミナー内容:親としてやってはいけない事

内容としては

👉子供の暴力の増加3万件近くある

👉いじめ増加小・中・高 41万5千件
(小学2年生の不登校が1番多い)
・子供の自殺増加年間600人弱

👉子ども自身が理由がわからない
 

こんな感じで大事なお話を沢山してくださいました。

雪丸
雪丸

大事なポイントを教えちゃいます😁

やってはいけない親の行動

・親がゲーム敵対視する。

叱咤激励のつもりで社会に出なきゃ
 ダメだと言い聞かせる。

・この位出来ないと困る!
 将来が大変になる!と思っている。

が何でも率先してやってしまう。
(子供に考えさせない)

がんばれ!と言ってしまう。

・進学を決めたのに内申点の事を気にする。

・どうせ出来ないとチャレンジさせない。

雪丸
雪丸

私も沢山当てはまる親でした😅

引きこもってしまう子

完璧主義が多いんだよ😭

0 か 100か。白か黒かという

完璧主義の子が引きこもるタイプとしては多い。

親が完璧を求めるから
子供もそのとおりに動けないと
ジレンマを起こすんだ!

仕事ばかりの親

不登校や引きこもりを長引かせるのは

『 仕事主義 』の親が多いのが現実。

私もそうでした。

正直、家庭の不満を仕事をすることで癒やしていた

そんな気もします。

そして同じ悩みを持つ方にも
『 仕事は辞めれない 』という言葉を聞きます。

しかし!!私は仕事を辞めました!

行政とつながる為に、予約をしたりするのですが

その日に休みが取れると限らないからです。

カレンダーの写真

仕事を取るか・子供を取るか😨

子供は一生の問題ですし、

親としての責任もあります。

セミナーに行って思ったことは

「 子供と向き合っていない自分

子供を理解していない自分 」

そこに居たのです。

仕事ではキャリアを持っていれば別でしょうが

自分の代わりはいくらでもいる

まずは身近な所を地固しなくては

どんな仕事も上手くは行かないだろうと

考えを改めました。

今は月1度の相談センターへ面談やセミナー参加を

率先しています。

暮らしが安定しなくなったら?

母子家庭では色んな補助もあります。

最悪、生活保護を受給するのも有りかと思います。

お勧めは出来ませんけどね😅

子供と話さない親が多い

家族で話し合うアジア人家庭

セミナーの後の懇親会では集まった方々と

お話する機会があります。

セミナーが終わる沢山の親が帰ってしまいます😭

私も人に実情を話すのは嫌でした。

しかし、残ってみたんです。

引きこもりのセミナーで残ったのは

「 20代・30代でひきこもっている 」親御さんで

私は10代の親で珍しがられました。

働き出したが人間関係でつまずいたという

親が多かったです。

そして話を聞いているとすべてのお母さんが

「 娘・息子と会話してない 」と言うのです。

「 話しかけても無視される 」

我が家にも有りましたよ。

シカト時期😨

大人だってイライラして話したくない事あるじゃないですか。

「 必要最低限の事は話している 」だそうです。

女の子とお父さんが話をしている写真

「 お前・・・それで寂しくない? 」

「別に」

「 あっそう・・でもママは寂しいし

つまんない!と素直に吐露しました。

「 はぁ~~? 」ってやり取りが何回も有りました。

親が素直に言えば子供は返してくれると

私は思っています。

そして何度も何度も話し掛けます。

私をバカにするセリフも飲みます。

「 お前みたいなひきこもり作っちゃったんだから

ママは賢くはないだろうな~ 」

「 お前ほど頭良くないもん! 」

「 運動神経いいのに 」

「 自分で出来ないと思っているだけで

実は出来る人間なんだよ 」

「 ゲーマーで稼げばいいのに
それだけうまいのに勿体ないなぁ~ 」

自分をバカにする言葉を受け止め

相手を褒めまくります。

女の子と男の子は公園で楽しいそうに寝転ぶ写真

しかし、これは事実で

息子は運動神経もいいし

頭も良い。ゲームもうまいし。

嘘は有りません😃

そして「 バカじゃん! 」なんて言ってきたら

「ばっかで~~す😁 でも母で~す😂」

って冗談で返すようにしてました。

多分引きこもりの渦中にいると

心に余裕が無くて「そんな事出来ない!」って

いう気持ちになります。

でもその余裕の無さが子供に向かってしまうのです。

笑顔で居るのを子供は見ている

これは誰でもそうだと思うのですが

ムっとしている人と話したいと思いますか?

いつも機嫌が悪そうにしている人を見て

「 話掛けていいのだろうか?」と思いませんか?

私はある時に

『 馬鹿になろう 』と決めました。

我が家も完全に引きこもっている状態

でしたよ😭

食事はコンビニやお弁当で部屋のドアノブに

掛けておくんです。

私が仕事に行っている間

お風呂に入り、トイレもペットボトル

済ませていた時期がありました😨

半年程続きました。

TVなどでやっている救済の

番組など見ていると

親が深刻になって苦悩に満ちている。

歯を食いしばりギリギリ音を立てる人形

明るい親なんていませんよね😭

私は

「 うちは6年目のヒッキーいるからさぁ~」

って言うと大抵の人がびっくりします。

苦痛の中でも笑って対応して欲しいと願います。

半年の間で親の意見を押し付けたこともある。

喧嘩をしたこともある。

でも最後は親の私が謝る。

【 喧嘩で得た子供の心境 】

元旦那には何も言えなかった息子ですが

私には鬱憤を晴らすように言ってきます。

何度も話しをしてきて解ることは

息子は【 今だけを見ている 】という事。

今が良ければ全て良し

これは息子だけにしか当てはまらないかも

しれないですが

『 今が良ければ全て良し 』という事

・今は外に出たくない
・今ゲームでレベルあげがしたい
・今は学校や勉強のことは考えたくない
・将来なんてどうでもいい
・自分にできることなんて無い

将来なんて経験してないんだからわからなくて当然

親が幾ら先を見据えたって子供にはわからない。

『 経験がないから失敗もない 』

『 失敗例ばかりをあげたら怖くなる 』

だったら親に頼って今だけを生きていたい。

18歳になったら・・・20歳になったら・・・

子供なりに目標はあるようですが

実行出来ないのも事実。

『 お前は自由でいいな ~』

息子は私のセリフに笑うだけでした。

次回は内容を深堀りして

お伝えしたいと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

雪丸ってこんな人

スポンサーリンク
シェアしてみよう
雪丸をフォロー
スポンサーリンク
雪丸ブログ
タイトルとURLをコピーしました
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村