無料素材を投稿しています

皆さんのブログなどに利用していただける様に色んな素材を投稿しています

無料DLはこちら
写真素材のピクスタ
生活・口コミ

【 自粛だから 】カードゲームで子供と一緒に遊ぼう!5選

トランプで遊ぶ父親と娘
スポンサーリンク

ブログ訪問ありがとうございます。

雪丸です。

2020年はコロナウィルスによって世界が震撼しています。

お子さんは家で何をして過ごしてますか?

ニンテンドーSwitch? You Tube?

1日勉強ともいかないでしょうし。

大人だって余った時間を有効活用出来ずに外出してます。

子供となればもっと時間を持て余します。

そんな家庭に少しだけ解決の糸口になれば良いな。

日本もようやく「自粛」になりましたが、強制力は皆無😭

人が減った観光地もあれば大渋滞を起こしてる場所もあります。

学校などは休校の処置になりましたし

仕事もテレワークが始まってる所もあると思います。

しかし、自宅で子供を抱えながら仕事をするのも大変!

せめて子供が小学校以上なら少しは一人遊びも出来るでしょう。

今日は暇を持て余した大人と子供が遊べる

カードゲームに注目してみました。

雪丸
雪丸

昔は木登りとかできたけど
今じゃ登れる木も無いからな(;’∀’)

木登りってやんちゃ過ぎでしょ😅

僕の時代はドロケイが流行ってたな。

わたしの頃は鉄棒で遊ぶのが流行ってたわ♡

そう!時代によって遊びは変わるんです😄

今はTVゲームやスマホゲームですね。

目が悪くなるし
叫んでるの見るのは嫌なのよね😥

そう、ゲーム依存なんて言葉もあるくらいですから

気をつけたいものです。

親の忙しさにかまけてゲームに子守させるのは

我が家の様に引きこもりを生む原因になりますよ😱

だったらたまには家族でカードゲームで騒ぐのもアリじゃない?

雪丸
雪丸

うちも良くUNOを一緒に
やってました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

世界的カードゲーム:UNO

私達の時代はドロー4で上がれないとかルールが有りました。

しかし今は世界ルールが存在し、リバースなどの

役物で上がることが可能です。

また手札に出されているのと同じカードがあると

ドロー4は出せない・ドロー2ドロー2を重ねて

置くと4枚引かされるなどなど・・・

ドロー4で「チャレンジ!」と言って勝てば

置いた本人が4枚引かなければいけないなど

ルールが面白いことになってます。

雪丸はスマホアプリのUNOやってますが

コレは課金が目的の糞ゲーと言われるものなので

ご紹介しないでおきます😱

UNOTwitterアカウント

きちんとTwitterでもアカウント持ってますね😄

UNOのルール変更の記事を読む

カードの種類も増えていますので

昔より騒げるでしょうね😄

小さい子もできる:ワードバスケット

カードゲームに熱中する赤い服を着た子どもと緑の服を着た子供

コレは「しりとり」のカードゲームです。

こちらは10歳からに仕様になります。

手札の言葉より自分の出す手札で「しりとり」を

していくものです。

難易度:★★

言葉の数が少ない子供様には「ジュニア」を使って

※ 箱の中にあるカードの文字ではじまり、自分の持っているカードの文字で終わる3文字以上の言葉を考え、思いついたらその言葉を言いながら該当するカードを箱の中に投げ入れます。 
3文字以上ってなかなかハードですよ

『たかが しりとり』とあなどれません。

これで難易度低め?:ボブジテン

今は日本語はカタカナ語で埋め尽くされています。

外人さから見る日本語の不思議がカードゲームになりました。

難易度は ★

ボブという主人公が日本語を勉強するのに

カタカナ語で悩みます。

「その日本語はどういう意味?」 

日本語辞典を調べてもわからない!

それなら「ボブジテン」を作ってカタカナ語の

説明を出来るようにしよう!

と始まったボブジテン。

ボブが何の説明をしているのかを考えて答えると言う

シンプルだけど・・・難易度高いでしょ?

と思うのですが実は難易度低め。

カタカナ禁止!:カタカナーシ

お次はボブジテンと似ているけど

逆に「カタカナ禁止」のカードゲームです😄

「カタカナ語」のお題をカタカナを使わず回答

難易度は ★★

適応年齢:8歳以上

例えば

ハンバーガー
アナウンサー
ログイン
などカタカナを使わず説明してください😱

楽しく笑いながら出来るのは想像出来ますよね😄

雪丸
雪丸

私には難易度が高いわ😱

5つミニゲームで楽しめる:ドブル 日本語版

フランス発症でアメリカで大ブームになったゲームです。

※同じマークを見つけてカードが一番多いのが勝ち。
なんともシンプル・だけど5つもミニゲームもあって

時間を忘れてしまうかもしれないゲームです。

対象年齢6歳~

難易度:★

こちらは対象年齢4歳~
難易度:★

まとめ

他にも沢山面白そうなカードゲームが沢山あります。

今のご時世、カードゲームと言ったら

遊戯王だったり、ポケモンだったり

我が家もデュエルマスターズなど沢山買わされました。

高値で販売したり・されたり・・・なんて言うことも。

親が仕事でいつも居ない。寂しく育っている現在の子供

たまには家族で和気あいあいと遊んでも良いのでは無いか?

と思います。

遊んでいる時に親はその子の本当の姿

見れるチャンスです。

例えば意地悪だったり、無理やりにも勝とうとしたり

その逆で勝たせて上げる優しさがあったり。

実は引きこもりには勝ち続けたい」心理があって

負けたことで引きこもったり、

逆に負けることに何も思わず、友達にも

何も言えなくて・・・自分を出せずに居ることが

原因で引きこもったり。

色々な要素があるのですが、

我が子が幼い頃にカードゲームで見せた姿。

「勝ち続けたい」姿でした😱

勝たないと何度も何度も勝つまで

やり続けるのです。

たかがカードゲームなのですが、そんな姿を見つけて

理解していれば・・と今も思います。

わざと勝たせれば「わざとでしょ!」って怒ったり。

なかなか子供は難しいですが、笑えるものなら

良いでは無いでしょうか?

こんな理由で、あまり勝ち負けにこだわる

カードゲームはご紹介していません。

「笑える・たのしく」時を過ごせるものを

ご紹介させていただきました。

スポンサーリンク
シェアしてみよう
雪丸をフォロー
スポンサーリンク
雪丸ブログ
タイトルとURLをコピーしました
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村